■コダワリ 1  「安全」「安心」「美味しい」九州無農薬野菜の使用


九州は佐賀県吉野ヶ里から直接仕入れた無農薬野菜を中心に使用しています。
野菜の種類は季節により毎回変わってきます。
無農薬ですので、「天候」の影響により仕入れも大きく変わってきます。
「安全」「安心」「美味しい」こだわりの九州無農薬野菜をお楽しみ下さい。

→吉野ヶ里あいちゃん農園


350品種を越える世界の野菜を「匠」に栽培する農園

「卑弥呼伝説」と吉野ケ里遺跡で有名な吉野ヶ里町北部の里山

段々畑と湧き出た岩清水に育まれた歴史と文化ある村

→あいちゃん農園「安全・安心・美味しく」育つ5つの理由


1.アスリート農法 〜耕作放棄地を活用した畑〜

落ち葉、野生生物などの有機物が長年堆積した栄養バランスの良い、自然のままの土壌

 

2.無農薬栽培

地域に点在する小さな放棄耕作地の活用により、病害虫や天災のリスク分散

 

3.有機肥料

野菜クズなどの有機物や直営飲食店の食品残渣や出汁ガラなどの廃棄物を温床に発酵させた有機肥料

 

4.植物酸素

約30品目に及ぶ野菜、草花、果実から砂糖の浸透圧で抽出した酸素を触媒するより強い野菜作り

 

5.混作農法

害虫が苦手な針葉樹、生姜などの特製エキスに加え、相性の良い野菜の同時栽培で農薬が不要になる

 

 

安定した生産性を目指すあまり「農薬・化学肥料」を多様したフードマーケットになっている

農薬・化学肥料などの化学物質は子供の舌に敏感に反応して現れる

 

野菜嫌いな子供は化学肥料がもたらす独特な「エグミ」に敏感に反応している